ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

レスリング全日本ジュニア、曽我部(愛媛・今治西高)優勝

4/17(火) 8:56配信

愛媛新聞ONLINE

 レスリングのJOCカップ全日本ジュニア選手権は14、15の両日、横浜文化体育館で行われ、愛媛勢は男子カデットグレコローマンスタイル65キロ級で曽我部京太郎(今治西高)が優勝を果たした。
 同71キロ級の掛水力(八幡浜工高)が準優勝。男子ジュニアグレコローマンスタイル77キロ級の山崎翔馬(九州共立大、八幡浜工高出)が2位、同97キロ級の井上諒汰(中央大、八幡浜工高出)は3位だった。女子ジュニア72キロ級で宮道りん(今治工高)が3位に入った。
 曽我部はアジアカデット選手権(5月10~13日・ウズベキスタン)への派遣が決定しており、世界カデット(7月2~8日、クロアチア)でも日本代表に内定した。山崎はアジアジュニア(7月17~22日、インド)の日本代表に内定した。

愛媛新聞社

最終更新:4/17(火) 8:56
愛媛新聞ONLINE