ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

オヤジバンド ロックで地元愛/五所川原「風西鶴」が2枚目CD/全国大会Vの実力派

4/17(火) 12:21配信

Web東奥

 青森県五所川原市を中心に活動するオヤジバンド「風西鶴(ふうさいかく)」が立佞武多(たちねぷた)や芦野公園のサクラなど、地元を題材にした6曲を収録したセカンドアルバム「Dear my Hometown」を発売した。バンドマスターの川浪重治さん(59)は「この年になっても音楽を続けることができた。地域のためにちょっとでも何かできれば」と地元愛を語った。

 風西鶴は2013年にNHK熱血オヤジバトル全国大会でグランプリに輝いた実力派。新アルバムには新曲を4曲、ファーストアルバムからグランプリ受賞曲「Dear Life」など2曲をアコースティックアレンジして収録した。

 2曲目「立佞武多のバラッド」は、はやし団体奏者による笛のイントロでスタート。ピアノなどに合わせてしっとりと「立佞武多 夏の夜空で 津軽の大地 見守るように」と歌い上げると、中盤からエレキギターなどが加わりロックなバンドサウンドへ展開する。

 新アルバムは税込み千円。五所川原市の立佞武多の館、サンロード青森の成田本店などで取り扱っている。問い合わせは風西鶴のホームページ(https://fuusaikaku.jimdo.com/)から。

東奥日報社

最終更新:4/17(火) 12:21
Web東奥