ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

白神遊山道行き「あじバス」発車/路線バス廃止受け20日運行開始

4/17(火) 12:37配信

Web東奥

 青森県鯵ケ沢町はブナ林散策ゾーン「白神の森遊山道」の20日の今季開山に合わせ、町コミュニティバス「あじバス」に「遊山道プラン」を新設し運行開始する。昨年、遊山道行きの路線バスが廃止となり、二次交通の確保が課題となっていたが、往復200円で手軽に利用できるようアクセスを充実。5月からは町観光協会がシャトルバスを新たに運行することになっており、既存のタクシープランも加えて選択肢が増える。

 白神の森遊山道は、世界遺産・白神山地の登録地域と同様の森林景観を気軽に体感できる人気スポット。

 あじバス遊山道プランは10月末まで毎日運行し、JR鯵ケ沢駅からの周遊に対応。往路が同駅午前8時52分発、復路が遊山道午後1時10分発。滞在時間は3時間半余り確保され、トレッキングや体験メニューをゆったりと楽しむことができる。

 また、町観光協会のシャトルバス「くろもり号」は5月5、6日と9月まで毎月第2.第4土、日曜日に運行し、同駅と総合案内休憩所「くろもり館」を結ぶ。料金は往復運賃と入山料合わせて大人1人2500円(ガイド付きは3500円)。

 今月20日から始まる民間タクシープランは専門ガイドが同行し、料金が大人1人4100円(利用は2人以上)。

 問い合わせは町観光商工課(電話0173-72-2111)へ。

東奥日報社

最終更新:4/17(火) 12:37
Web東奥