ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

GEがダウ銘柄で最大の下げ、業績予想下方修正は確実とゴールドマン

4/17(火) 9:03配信

Bloomberg

米ゼネラル・エレクトリック(GE)の株価が16日、ダウ工業株30種平均の構成銘柄で最大の下げを演じた。ゴールドマン・サックスは、GEの決算修正を受けて2018年業績見通しの下方修正は「ほぼ確実」と指摘した。

ゴールドマンのアナリスト、ジョー・リッチー氏は、GEが今週、1-3月(第1四半期)決算の発表時にも見通しを下方修正する可能性があるとリポートに記した。JPモルガン・チェースも先月、予想が下方修正されるとの見方を示していた。

GEは13日、米会計規則の変更に対応し、16年と17年の決算をさかのぼって下方修正した。GEは投資家に修正すると警告済みで、実際の数値は「弱気な見通しよりも無難」だったが、昨年の決算修正はGEが以前に示唆していたよりもさらに悪い内容だったとリッチー氏は指摘した。

16日のニューヨーク株式市場では前週末比1.3%安で終了。

原題:GE Falls Most on Dow as Goldman Warns of Cut to Profit Forecast(抜粋)

Rick Clough

最終更新:4/17(火) 9:03
Bloomberg