ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

フォルクスワーゲン、自動駐車システムを空港で実験--2020年に実用化へ

4/17(火) 11:34配信

CNET Japan

 Volkswagen Groupは、自動駐車機能の研究を開始した初めての自動車メーカーではない。だが、この機能を実際の市販車に提供する初めてのメーカーになるかもしれない。

 同社は現在、自動駐車システムの実地試験を行っており、2020年に市販車に搭載できると考えている。実地試験は、「Audi」「Porsche」「Volkswagen」の車両を使って、ドイツのハンブルグ空港で行われている。

 Volkswagen Groupの最高デジタル責任者(CDO)Johann Jungwirth氏は、発表の中で次のように述べている。「自動駐車技術は、当社のお客様に便利でストレスのないモビリティを提供する上で大いに役立つ可能性がある。そのため、この技術を大衆化し、できる限り多くの人々が利用できるようにしたい」

 このシステムはきわめてシンプルだ。駐車場に多数のマーカーを描いておき、自動駐車システムがこのマーカーを識別して、駐車場で車を誘導する。車が自動で走るのは駐車場の中だけなので、マーカーのようなシンプルなものを利用するだけで車を誘導できる。地図データは必要だが、車の方向を調整する上では、マーカーが一定の役割を果たすことになる。

 Volkswagen Groupでは、このシステムを段階的に提供する予定だ。最初は、自律走行車のみが走行する専用エリアが対象となる。このような場所では、人が運転している車や歩行者を気にかける必要がない。その後、自律走行車以外の車もいるようなエリアに広げていく計画だ。同社では、空港からスーパーマーケットまで、さまざまな公共駐車スペースにこの技術を拡大することを視野に入れている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:4/17(火) 12:16
CNET Japan