ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

PwC あらた、AIで異常仕訳を抽出する「会計仕訳検証システム」を開発

4/17(火) 10:57配信

ZDNet Japan

 PwC あらた有限責任監査法人(PwC あらた)は4月16日、「AI 会計仕訳検証システム」を開発し、4月から試験運用を開始したと発表した。

 同システムは、人工知能(AI)が会計データから異常仕訳を自動的に抽出するもの。PwCのデータ監査ツール「Halo for Journals」の仕訳データ全件を対象に、機械学習によって一定の法則性を読み取り、個々の仕訳がそれに合致するかを評価する。

 監査チームは 、同システムを利用することにより、膨大なデータを網羅的かつ効率的に分析し、誤謬や不正の可能性を重点的に調べることができる。また、人間が想定しなかったリスクや課題も浮かび上がらせることも期待できる。

 PwC あらたでは、2016年10月にAI監査研究所を設置し、監査品質の向上、業務の効率化に向けた調査研究に取り組んでおり、同システムの開発はその成果の一つになる。

最終更新:4/17(火) 10:57
ZDNet Japan