ここから本文です

ペットの「安楽死」悩む飼い主 「天寿をまっとう」逆らったのでは……保険に限界、「数十万円」の治療費も

4/21(土) 7:00配信

withnews

 家族として暮らしてきたペットの犬や猫が、回復の見込みのない病気を抱え、苦痛に苦しみだした時、あなたならどのような選択をしますか? 安楽死を選んだ結果、本当によかったのかと自問自答する飼い主から届いた投稿を新聞に掲載すると、多くの反響が寄せられました。7歳の小型犬を飼う我が家も他人事ではなく、「病気になったら……」と考え出すと胸が締め付けられます。研究者や獣医師らを訪ね、ペットの老後、ペットの終末期について考えてみました。(朝日新聞記者・岩崎賢一)

【画像】ペット用の「霊安室」に「棺」……「糖尿病」になった犬向けのペットフードも

「天寿をまっとう」に逆らってしまった?

 朝日新聞の投稿欄「声」に岡山県の主婦(49)から、こんな投稿(要約)が届きました。

     ◇

 10歳のフレンチブルドッグ「ビンボ」が低血糖の発作を起こし、病院で処置していただきました。でも脳のダメージで再起不能との診断。意識不明の彼を前に私たち夫婦が決断したのは安楽死でした。
 かねてよりインスリノーマという病と闘い、薬漬けの日々でした。決断した時の院長の言葉が今も胸にこだまします。「安楽死はペットに与えられた特権です」。ヒトの安楽死は日本では認められていません。
 ペットとはいえ大切な家族。安楽死は「天寿をまっとうする」ことに逆らってしまったのではないか、本当に正しかったのか、と毎日自問自答しています。――朝日新聞「愛犬の安楽死 自問自答続く」(2018年4月11日朝刊)

     ◇

 動物愛護法第7条4項では、動物の所有者は、「できる限り、当該動物がその命を終えるまで適切に飼養することに努めなければならない」と書かれています。ただ、人間の寿命と比べて犬や猫の命は短く、獣医療の進歩があっても、いずれは病気や老化によって終末期を迎えます。

 一般社団法人ペットフード協会の全国犬猫飼育実態調査によると、50000世帯の有効回答から推計された、2017年の日本全体の推計飼育頭数は、892万頭です。平均寿命は14.19歳。

 「あったらいいと思う飼育サービス」(複数回答)を質問すると、2番目に多かった回答が、「高齢で飼育不可能な場合の受け入れ施設提供サービス」(28.7%)でした。5位にも「老化したペットの世話対応サービス」(18.5%)が入っています。

 ペットの老いへの対応は、冒頭の岡山県の女性だけでなく、飼い主共通の悩みです。

1/4ページ

最終更新:4/21(土) 7:00
withnews