ここから本文です

サウスウエスト機のエンジン爆発か 乗客1人死亡、フィラデルフィアへ緊急着陸

4/18(水) 16:24配信

Aviation Wire

 現地時間4月17日(日本時間18日)、サウスウエスト航空(SWA/WN)のニューヨーク・ラガーディア発ダラス・ラブフィールド行きWN1380便(ボーイング737-700型機、登録番号N772SW)がペンシルベニア州上空を飛行中、左側にある第1エンジンにトラブルが発生し、フィラデルフィア国際空港へ緊急着陸した。

 サウスウエスト航空によると、WN1380便には乗客144人と乗員5人が乗っていた。米CBSニュースなどによると、第1エンジンが約3万フィート(約9144メートル)を飛行中に爆発したとみられる。この影響で乗客1人が死亡し、7人がけがをした。

 フィラデルフィアで会見した米国家運輸安全委員会(NTSB)のロバート・サムワルト委員長は、米国の航空会社による事故では、2009年以来の乗客死亡事故だと述べた。

 WN1380便は第1エンジンが爆発後、フィラデルフィアへ第2エンジンのみで飛行した。爆発により左主翼近くの窓が破損。客室の気圧高度が低下したことから、機体が高度を下げるまで、乗客と乗員は酸素マスクを着用した。

 サウスウエスト航空の運航状況によると、WN1380便の運航スケジュールは、ニューヨークを午前10時30分(日本時間17日午後11時30分)に出発し、ダラスには午後1時45分(同18日午前3時45分)に到着予定だった。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:4/18(水) 16:24
Aviation Wire