ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

長瀬智也主演「空飛ぶタイヤ」主題歌はサザンオールスターズの書き下ろし楽曲!

4/18(水) 4:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「TOKIO」の長瀬智也主演で池井戸潤氏のベストセラー小説を映画化する「空飛ぶタイヤ」の主題歌を、国民的人気グループ「サザンオールスターズ」が担当することがわかった。本作のために書き下ろされた曲のタイトルは「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」。2015年に発表されたアルバム「葡萄」以来、約3年ぶりの新曲だ。

 「下町ロケット」「半沢直樹」などで知られる池井戸氏の同名小説を、「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英監督のメガホンで初映画化。物語の発端となるのは、ある日突然起きたトラックの脱輪事故。トラックの所有主である運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)、製造元であるホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)が、それぞれの立場で事故を追っていくさまを描き出す。

 6月25日にデビュー40周年を迎える「サザンオールスターズ」。池井戸作品ならではの痛快なエンディングを盛り上げる「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は、リーダー・桑田佳祐ならではの痛烈な歌詞、キャッチ―なメロディが際立ち、社会の矛盾やストレスに苛まれながらも働く“闘う者たち”への讃歌ともいえる楽曲に仕上がっている。矢島孝プロデューサーは「二面性、いや多面性のあるドラマに乗る曲はサザンオールスターズしかないと思いました!」とオファーの理由を明かしている。

 同曲をいち早く聴いた長瀬が「社会で、日々戦っている汗臭さみたいなものを感じました。そして、頑張れと言われているような気持ちにもなりました。感謝と感激です」と力強く語ると、学生時代から「サザンオールスターズ」のファンだった池井戸氏は「40周年という記念すべき年に桑田さんに主題歌を書いていただけるとは、とても光栄です」と胸中を吐露。一方、本木監督は「映画の内容を繊細に鋭く捉えた歌詞、深刻な本質をからりと奏でるオリジナリティ溢れた曲に鳥肌が立ちました」と熱のこもったコメントを寄せている。

 また「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」が流れる最新予告映像も完成した。公式YouTube(https://youtu.be/OABZYkAurO0)で視聴できる同映像では、度重なる悲劇に追いつめられる赤松が「最後まで闘う」と覚悟を決めた決意の表情、沢田や井崎が自身の正義を貫こうとするさまをとらえている。「空飛ぶタイヤ」は、6月15日から全国公開。

最終更新:4/18(水) 4:00
映画.com