ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

〔ロンドン株式〕反発(17日)

4/18(水) 1:30配信

時事通信

 【ロンドン時事】17日のロンドン株式市場では、欧州株の上昇や英通貨ポンドの下落を背景に幅広い銘柄が買われ、株価は反発した。FT100種平均株価指数は前日比27.85ポイント(0.39%)高の7226.05で終了。値上がり銘柄は約8割に達した。
 FT指数は序盤で一時7200を割り込んだが、その後は買い戻しが入ってジリ高となり、この日の高値圏で引けた。ロンドン・キャピタル・グループのアナリスト、ジャスパー・ローラー氏は「地合いが少し回復し、投資家の関心は企業業績に向かっている」と話した。
 個別銘柄では、ロシア鉄鋼大手エブラズが6.6%高。病院経営メディクリニック・インターナショナルは5.4%高、自動車部品大手GKNは4.3%高、英食品・小売大手アソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズは4.1%高、英ソフトウエア会社マイクロフォーカスは3.0%高。
 保険会社セントジェームズ・プレイスは2.6%高。鉱業大手アングロ・アメリカンと英保険会社ダイレクト・ライン・インシュランス・グループは各2.3%高。衣類小売ネクスト、英投資信託スコティッシュ・モーゲージ・インベストメント・トラスト、英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、英物流施設大手セグロはそれぞれ2.1%高だった。
 一方、英生活用品大手レキット・ベンキーザーは3.2%安、英航空機エンジン製造大手ロールス・ロイスは2.0%安、英たばこ大手ブリティッシュ・アメリカン・タバコは1.9%安とふるわなかった。

最終更新:4/18(水) 2:28
時事通信