ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「Microsoft Edge」で保存されたCookieを一覧表示できる「EdgeCookiesView」

4/18(水) 6:00配信

Impress Watch

 「EdgeCookiesView」は、「Microsoft Edge」で保存されたCookieを一覧表示するツール。「Windows 10 バージョン 1709」(Fall Creators Update)以降に対応する寄付歓迎のフリーソフトで、作者のWebサイトから利用できる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「Microsoft Edge」が保存したCookieを閲覧したり、さまざまな形式でエクスポートするためのポータブルツール。「Windows 10 バージョン 1703」までの「Microsoft Edge」は、2002年に開発された「Internet Explorer」向けの古いツール「IECookiesView」でCookieを取得できていたが、「Windows 10 バージョン 1709」の「Microsoft Edge」は履歴やキャッシュといったデータとともに“WebCacheV01.dat”というデータベースに保存する仕様に変更されているという。そのため、最新版「Microsoft Edge」のCookieを閲覧したい場合は、新しい「EdgeCookiesView」を利用する必要がある。

 本ソフトは「IECookiesView」と異なり、不要なCookieを選択して削除することはできない。しかし、保存されたCookieの一覧や詳細情報の閲覧、ファイル出力などは可能。こうした機能は「Microsoft Edge」に備わっていないので、役に立つこともあるだろう。

 さらに、[Ctrl]+[Q]キーを押して“クイックフィルター”機能を有効化すれば、Cookieをホスト名やCookie名でフィルタリングすることが可能。目的のCookieを探したり、特定のサイトに関連するCookieのみを抽出したりすることができる。

 なお、「Internet Explorer」の場合は前述の「IECookiesView」が利用可能。そのほかにも、「Google Chrome」用の「ChromeCookiesView」や「Firefox」用の「MZCookiesView」がラインナップされている。

ソフトウェア情報「EdgeCookiesView」【著作権者】Nir Sofer 氏【対応OS】Windows 10【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)【バージョン】1.00(18/04/01)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:4/18(水) 6:00
Impress Watch