ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

北朝鮮と「高いレベル」で協議=首脳会談、開催候補地は5カ所―トランプ氏

4/18(水) 6:24配信

時事通信

 【パームビーチ時事】トランプ米大統領は17日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との初の首脳会談をめぐり、「北朝鮮の非常に高いレベルと直接的な話し合いを既にしている」と明らかにした。

 また、首脳会談の開催場所について、候補地が「5カ所」あると述べた。フロリダ州パームビーチでの安倍晋三首相との会談で発言した。

 トランプ氏は米朝首脳会談が6月の早い時期までに行われるとの見通しを改めて表明。一方、「うまくいかなければ、行われないこともあり得る」と指摘し、その場合は北朝鮮に対して強硬な姿勢で臨むことになると語った。

 トランプ氏はまた、1950年に始まり休戦状態にある朝鮮戦争に言及し、「戦争終結に向けた南北の話し合いを支持する」と明言。「私たち抜きでは、南北の対話はなかった」とも述べ、日米が主導した北朝鮮への圧力が対話につながったという見方を強調した。

 中国の習近平国家主席については、「非常に厳しい貿易交渉を行っているが、北朝鮮問題で引き続き協力してくれていることに感謝する」と述べた。 

最終更新:4/18(水) 8:50
時事通信