ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「ハン・ソロ」銀河のアウトローたちが集結、新たな日本版ポスター到着

4/18(水) 5:00配信

映画ナタリー

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の新たな日本版ポスタービジュアルが到着した。

【写真】「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(他11枚)

本作は、「スター・ウォーズ」に登場するキャラクター、ハン・ソロの“知られざる若き日”を描くアナザーストーリー。新たなポスタービジュアルには、オールデン・エアエンライク演じるソロをはじめとする主要キャラクターが集結した。ウディ・ハレルソン演じる謎の男ベケット、エミリア・クラーク演じる謎の美女キーラ、ドナルド・グローヴァー演じる悪友ランド・カルリジアン、そしてチューバッカの姿が捉えられている。

また謎に包まれたキャラクターたちについて、キャストやスタッフが“証言”するコメントが到着。エアエンライクはソロについて「彼はあまりいい環境ではないところの出身で、自分でやりたいことをやる資金と自由を夢見ているんだ」と語る。キーラについては「生活がギリギリの環境で一緒に育った幼なじみだ」、ベケットに関しては「犯罪のアンダーワールドを彼から学ぶ。彼は師匠のような存在なんだ」とソロとの関係性を明かした。

またグローヴァーはカルリジアンについて「この悪党詐欺師は快適な人生を送っている。彼の人生は順調そのものなんだ」と言及。監督のロン・ハワードは「チューバッカとハン・ソロが友情を築き上げていくのはストーリーの大きな部分になる」と見どころに触れ、新登場のドロイドL3-37のことを「ドロイドだけど個性的なんだ。彼女は頭がよくてファニーなんだよ。みんなL3を好きになると思うよ」と紹介している。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」は6月29日より全国ロードショー。なおJ.J.エイブラムスがメガホンを取るエピソード9は2019年12月に米国で公開される。



(c) 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

最終更新:4/18(水) 5:00
映画ナタリー