ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

DeNA首位陥落 凱旋登板・飯塚好投も8連勝でストップ

4/18(水) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ DeNA2―3巨人(2018年4月17日 新潟)

 新潟県出身のDeNA・飯塚が初の凱旋登板で今季初勝利を逃した。5回まで1失点。2―1の6回2死から岡本に左前打されたところで降板すると、2番手のエスコバーが亀井に逆転2ランを浴びた。4年目右腕は「勝ちたかった」と悔しそうだった。

 10日の巨人戦でも勝利投手の権利を得て降板したが、7回にエスコバーが逆転を許した。チームの連勝は8でストップ。継投策が裏目に出て、首位から陥落したラミレス監督は「飯塚は良い投球をしてたが、あの段階ではベストの決断」とし、「来週は5試合なので、(飯塚に)一度2軍に行ってもらう。すぐにチャンスは来る」と話した。 (重光 晋太郎)

スポーツナビ 野球情報