ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

尚弥 過去に過酷な減量も…比嘉に「まだ若い。立て直して」

4/18(水) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇WBA世界バンタム級タイトルマッチ 王者ジェイミー・マクドネル≪12回戦≫同級2位・井上尚弥(2018年5月25日 大田区総合体育館)

 井上尚は体重超過のためWBC世界フライ級王座を剥奪された比嘉大吾(22=白井・具志堅)について「試合間隔が短かったのもあるけど、やると決めた体重はつくらないといけない」と話した。自身もライトフライ級時代は12キロの減量を強いられ、2週間で約10キロ体重を落としていたという。「練習が終わって1・9キロオーバー。飲まず食わずで3日間寝て、基礎代謝だけで落とした」と明かし、「最後は気合で落としていたので(比嘉に)アドバイスはできません」と苦笑した。

 比嘉には「まだ若いのでメンタルを立て直して、復帰してほしい気持ちはある」とエール。自身が2階級上のスーパーフライ級に上げた経験から「比嘉もバンタム級に上げた方がいい。自分と同じ階級になる?全然問題ないです」と語った。