ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

バド山口 日本人初の女子シングルス世界1位に、19日発表

4/18(水) 6:01配信

スポニチアネックス

 バドミントンの再春館製薬所は同社所属の山口茜(20)が19日発表の世界ランキングで女子シングルス日本人初の1位となると発表した。昨年12月のスーパーシリーズファイナルで優勝し、3月の全英オープンで2位。前週まで2位の山口は戴資穎(台湾)を抜いてトップになる。

 ランキングシステムは1992年バルセロナ五輪での正式競技採用に向け、80年代後半に創設された。ダブルスでは女子高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が14年10月に日本勢で初めて世界1位になっている。