ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

バレー日本女子 新エースは“サオリン二世”19歳黒後 中田監督「度胸凄い」

4/18(水) 5:55配信

スポニチアネックス

 新エースは“サオリン2世”だ。日本バレー協会は17日、東京・北区の味の素ナショナルトレセンで18年度の女子日本代表発表会見を開き、中田久美監督(52)が新エースに黒後愛(19=東レ)を指名した。黒後は五輪4大会連続出場し、昨年3月に引退した木村沙織さんと同じ東京・下北沢成徳高出身。指揮官は黒後に話が及ぶと表情を緩め「まだ一緒に練習をして日が浅いが、凄いですね。度胸が凄い。天真らんまんだが非常にきちょうめん」と人柄まで褒めちぎった。

 高校時代はタイトルを総ナメにし、昨季のVプレミアリーグでは最優秀新人賞を受賞。持ち味は女性離れしたパワーだが、小技にも定評がある。黒後は「沙織さんにはなれないが、チームが欲しい時に1点を決めきれる選手になりたい」と決意表明。5月15日開幕のネーションズリーグで代表デビューし、アジア大会、世界選手権へ。もう1人のエース候補、古賀紗理那(21=NEC)とともに全日本女子を引っ張る。