ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

住宅の寝室にミイラ化遺体 住人の69歳男性か 遺棄容疑で逮捕の同居弟「知らなかった」 愛知

4/18(水) 1:02配信

東海テレビ

 愛知県瀬戸市の住宅でこの家に住む男性とみられるミイラ化した遺体がみつかり、警察は同居する男性の63歳の弟を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

 17日正午すぎ、瀬戸市池田町の職業不詳・近藤満さん(69)の住宅の家主から「家に住む兄弟のうち1人の姿を最近見ていない」などと警察に通報がありました。

 警察が確認したところ、住宅2階の寝室で近藤さんとみられる遺体がみつかりました。遺体に目立った外傷はありませんが、すでにミイラ化していたということです。

 住宅は近藤さんと弟の眞澄容疑者(63)の2人暮らしで、警察は現場にいた眞澄容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

 眞澄容疑者は、調べに対し「放置していたわけではない。知らなかった」と容疑を否認していて、警察は近藤さん死亡の経緯も含め詳しく調べる方針です。

東海テレビ

最終更新:4/18(水) 1:06
東海テレビ