ここから本文です

FCバルセロナ、セルタに苦戦ドロー

4/18(水) 6:08配信

SPORT.es

リーガ第33節、セルタ対FCバルセロナが日本時間18日(水曜日)4:00にセルタのホーム、バライードスで行われている。

前節のバレンシア戦(2-1)でリーガの連続無敗記録を“39”に更新したバルサ。
1年以上リーガで負け知らずのバルサが、直近5試合勝ち星に恵まれていないセルタと対戦。

最初にチャンスを作ったのは前半5分のバルサ。左サイドを駆け上がったディニュのクロスにパウリーニョが頭で合わせるも、枠を捉えきれない。

前半8分にもバルサがセルタゴールを脅かす。コウチーニョとのパス交換で抜け出したデニスがゴール目の前でシュートを打つも、ボールは枠外に流れる。

前半10分にセルタが反撃。素早いパスから最後にマキシ・ゴメスがシュートを放つも、シュテーゲンがファインセーブを見せる。

前半25分、コーナーキックにパウリーニョが頭で合わせるもポストに弾かれる。

バルサはその後、セルタの素早い攻撃に苦戦するもゴールを割らせない。

前半36分、パコ・アルカセルの落としにデンベレがボレーシュート。ゴールネットに突き刺さりバルサが先制。デンベレにとってリーガ初得点となる。

前半45分、セルタが追いつく。ゴール前まで駆け上がったDFジョニーが前半終了間際に1点を返す。

ここで前半が終了、スコアは1-1。

後半8分にセルタがビックチャンスを迎える。ゴール目の前でホサベが狙いすませたシュートを放つも、枠を捉えきれず。

後半19分、バルサに追加点。セメドとデンベレのパス交換で相手守備陣を崩したバルサ。ゴール前に走りこんだパコが中へのパスを流しこみ、バルサが2-1とする。

後半26分、裏に抜け出したアスパスを背後から掴んだセルジ・ロベルトに一発レッドカード。途中出場ながら10分程でピッチから去る。

後半37分、セルタがまたも追いつく。クロスに反応したアスパスがバルサゴールに押し込み2-2。同点に戻す。

その後も両者決定機を作るも決めきれず。2-2で試合終了。バルサはリーガ無敗記録を継続も、勝ち点を1しか伸ばせなかった。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:4/18(水) 6:08
SPORT.es