ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【ブラジル】4月第1週の貿易黒字14.6億ドル

4/18(水) 4:26配信

サンパウロ新聞

 2018年4月第1週(1~8日、5営業日)のブラジルの貿易は、輸出が45億2400万ドル、輸入が30億6400万ドル、収支は14億6100万ドルの黒字だった。産業貿易サービス省が9日発表した。

 今月第1週の1営業日当たりの取引額は、輸出は9億490万ドル、輸入は6億1270万ドル。17年4月の平均に比べて輸出は7.9%減、輸入は2.9%増。

 輸出額は半製品が昨年4月の平均に対して17.8%伸びた。1次産品は16.5%、完成品は3.1%、それぞれ17年4月の平均額を下回った。半製品は主に鋳鉄、大豆原油、鉄合金、パルプなどの輸出額が増大した。1次産品は主に大豆穀粒、コーヒー豆、原油、鉄鉱石、大豆ミールの輸出額が縮み、完成品は鉄鋼製フレキシブルチューブ、炭化水素並びにそのハロゲン化誘導体、精製糖、飛行機、乗用車などが落ちた。

 輸入額の伸びは主に飲料・アルコール(163.0%増)、医薬品(54.2%増)、自動車・自動車部品(42.1%増)、機械装置(30.6%増)、光学・精密機器(19.3%増)が引っ張った。

サンパウロ新聞

最終更新:4/18(水) 4:26
サンパウロ新聞