ここから本文です

木村事業承継ブレーン、医療のM&A支援で最高賞

4/18(水) 1:12配信

北國新聞社

 日本M&Aセンター(東京)が事務局を務める日本M&A協会の「2017年度国際会議ベストコンサルタントアワード」の医療介護分野で、木村事業承継ブレーン(金沢市)が最高賞を受けた。北陸で医療機関のM&A案件を2件成約させたことを評価した。

 日本M&Aセンターによると、同社が提携する750の会計事務所から応募があった。そのうち優秀事例が3月16~21日にUAEのドバイで開かれた国際会議で発表され、木村事業承継ブレーンが最高賞の「医療介護特別賞」に選ばれた。

 木村事業承継ブレーンは17年度、能登で診療所と介護施設を運営する医療法人の承継、富山で20床以上を持つ病院を経営する医療法人の承継を支援した。

 日本M&Aセンターによると、いずれも地域医療を支える立場で後継者不在という課題があった。M&Aで地域医療の存続と発展、地域住民の雇用を守った点が受賞理由となった。

北國新聞社

最終更新:4/18(水) 1:12
北國新聞社