ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

中国の不動産開発会社に社債デフォルトの可能性-ニューバーガー

4/17(火) 15:07配信

Bloomberg

中国の不動産開発会社は社債のデフォルト(債務不履行)に直面する可能性があると、米資産運用会社ニューバーガー・バーマンが指摘した。金利上昇で過去最大規模に膨らんだ債務の借り換えがさらに難しくなったためだと説明している。

政府のレバレッジ抑制策で借り入れコストが上昇したことを受け、複数の中小不動産業者が今年期限を迎える社債の償還を履行できないかもしれないと、ニューバーガーは予想。ただ、中国市場で不動産開発会社が発行した公募債のデフォルトは今のところ発生していない。

ニューバーガーの1部門である路博邁投資管理(上海)の中国債券担当最高投資責任者(CIO)、汝平氏は「中小のデベロッパーは健全なキャッシュフローに乏しく、レバレッジが高水準のため借り換えが止まれば耐えられない」と指摘。「より体力の弱い業者は借り入れコストのさらなる上昇に見舞われる恐れもある」と述べた。

中国の不動産会社の一部は資金調達のために記録的な高金利を受け入れざるを得ず、シャドーバンキング(影の銀行)からの資金調達に依存してきた弱小業者は政府の抑制策で頼みの綱を失った格好だ。タイミング悪く、中国の不動産会社は今年、オンショア市場で過去最高となる1100億元(約1兆8700億円)の社債が満期を迎える。その上、投資家は2050億元の債券売り戻しのオプションを持っている。

中国の不動産開発会社のうち年内にデフォルトリスクに直面するのは、総資産400億元未満で、資産負債比率が70%を上回る企業だと汝平氏は予測。借り換えの資金源が不十分なためだという。ブルームバーグの集計データによると、中国の上場デベロッパー127社の資産負債比率中央値は昨年9月末時点で31%だった。

原題:China May Be Set for Rare Property Defaults, Neuberger Says (2)(抜粋)

Judy Chen

最終更新:4/17(火) 15:07
Bloomberg