ここから本文です

<動画>スティーブン・スピルバーグ、ゴジラが原点「日本のポップカルチャーに魅了された」

4/20(金) 12:20配信

まんたんウェブ

MANTAN

 約13年ぶりに来日したスティーブン・スピルバーグ監督が4月18日、東京都内で行われた新作映画「レディ・プレイヤー1」(2018年4月20日公開)のジャパンプレミアに登場。アニメ「機動戦士ガンダム」や「AKIRA」のキャラクターやマシンが多数登場することで話題の今作だが、スピルバーグ監督は「アニメに出合ってから、本当に日本のポップカルチャーに魅了されています。黒澤明や三船敏郎の作品に出合う前に、幼いころ、父に連れられて東宝の『ゴジラ』を見に行ったのが、初めて見た日本の映画です」と思い出を語った。

【動画】「レディ・プレイヤー1」ガンダムとのコラボ映像が公開 森崎ウィンが日本語で「俺はガンダムで行く!!」

 スピルバーグ監督は続けて、「完全に『ジュラシック・パーク』は、それ(『ゴジラ』)を基に作りました(笑い)」と明かすと、「『レディ・プレイヤー1』にはメカゴジラも登場するけど、オリジナルの曲を使わせてもらいました」と話すと、観客から大きな拍手が起こった。

 イベントには、キャストのタイ・シェリダンさん、オリビア・クックさん、森崎ウィンさんらも登場。「レディ・プレイヤー1」は、アーネスト・クラインさんのSF小説「ゲームウォーズ」が原作。経済が破綻寸前で、若者たちがバーチャル世界の「OASIS(オアシス)」にのめり込んでいる2045年が舞台となる。ある日、OASIS開発者から「OASISのどこかに隠された宝の卵『イースターエッグ』を見つけた者は、OASISの後継者となれる」という遺言が発信され、スラム街に住む主人公のウェイドは、全人類が参加するトレジャーハンティングに挑む……というストーリー。

最終更新:4/20(金) 12:20
まんたんウェブ