ここから本文です

本人がいたの!? B'z30周年展示イベントに稲葉浩志がお忍び参加、ファンも一切気付かないステルスぶり

4/20(金) 14:49配信

ねとらぼ

 ロックユニット「B'z」のデビュー30周年を記念して東京・有楽町で開催されている大型展示イベント「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」にボーカルの稲葉浩志さんが一般客に混ざりお忍びで参加。公式Instagramがその姿を公開するとファンから驚きの声が続出しています。何もいらないからってオーラまで捨ててしまわなくても……!

【画像:一般客に近づくも……】

 前期(1988年~2002年)と後期(2003年~2018年)の2回に分け、4月1日からスタートした同イベント(前期は4月1日~5月6日、後期は5月11日~6月15日まで)。衣装や楽器、写真、メンバーの私物、直筆の歌詞や譜面などB'zの軌跡をたどれる貴重な展示会には多くのファンが足を運んでおり、秘蔵映像などが見られるシアター鑑賞券もすでに前後期ともに完売するなど賑わいを見せています。

 B'z公式Instagramでも同イベントの盛り上がりを伝える中、黒いキャップに眼鏡、マスクをつけた稲葉さんが会場に訪れた姿を公開。一般の来場者がいるにもかかわらず、展示物を見て回ったり、ポーズをキメたり、グッズが販売されているストアもチェックしたりと、同イベントを楽しんだ様子の稲葉さん。写真の中には、来場者のすぐ後ろで撮影されたものもありますが、オーラを消し去り周囲に溶けこんでいます。

 日本を代表するロックユニットのボーカルが自身のイベントにお忍びで訪れるという珍事にファンからは、「え!! きたんですか!?」「ご本人いたのぉーーーー!!!!」「ウソー!!!!!」「シレッと稲葉さんおるやんけー!」といった声が寄せられるなど混乱状態。また、「プライベートのオーラのオフっぷり(笑)」「オーラ消すのうまい」「忍者感!」など稲葉さんのステルス能力に驚きの声があがっています。

※なお、同イベントでの写真撮影は禁止されています。

最終更新:4/20(金) 20:46
ねとらぼ