ここから本文です

財前宣之から乾貴士まで! 日本人リーガ挑戦の歴史を振り返る

4/20(金) 20:17配信

SOCCER KING

 2017-18シーズンもいよいよ大詰めを迎えたリーガ・エスパニョーラ。21日(土)の第34節では、乾貴士が所属するエイバルと柴崎岳が所属するヘタフェが対戦する。リーガ史上初の日本人対決実現への注目が集まる「歴史的一戦」を前に、これまでリーガ(2部リーグも含む)に挑戦した日本人選手の歴史を振り返る。

財前宣之がスペイン1部クラブに所属する初の日本人選手に

■財前宣之 1996‐97 ログローニェス(公式戦の出場なし)
 1996年夏、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ1969)からのローンにより、1部に復帰したログローニェスに移籍した。同年夏はバルセロナがブラジル代表FWロナウド、レアル・マドリードがブラジル代表DFロベルト・カルロスを獲得するなど、リーガ・エスパニョーラが“ラ・リーガ・デ・ラス・エストレージャス”(スター達によるリーグ)と呼ばれ始めた頃で、ログローニェスの大型補強の1人として加入した財前は、スペイン1部のクラブに所属する初の日本人選手となった。しかし、外国人枠の問題があったうえ、靭帯断裂という不運にも見舞われたため、トップチームに登録されず。結局、公式戦に1度も出場しないまま退団を余儀なくされた。

■安永聡太郎 1997‐98 ジェイダ(34試合・4得点)、2002‐03 ラシン・フェロル(12試合・1得点)
 スペインのプロリーグで出場ならびに得点を記録した初の日本人選手。横浜マリノス在籍時の1997年夏、2部のジェイダにテスト入団を経てローン移籍。全て途中出場ながらリーグ戦34試合でプレーし、スーパーサブとして4ゴールを挙げた。だが、ジェイダは買取オプションを行使せず、1年で日本への帰国を余儀なくされた。安永がスペインで苦しんだ理由としては、新しい環境への適合を挙げる声が多い。実際、『ラ・ボス・デ・ガリシア』紙は、「わずか21歳、スペイン語の基礎知識もない青年にとって、初の海外挑戦は難しいものとなった」と総括している。また、初のスペイン挑戦から5年後の2002年夏には、2部のラシン・フェロルにテスト入団を経てローン移籍した。しかし、2度目のスペイン挑戦は出場12試合で1ゴールにとどまり、半年で横浜マリノスに戻る結果となった。

1/7ページ

最終更新:4/21(土) 15:29
SOCCER KING