ここから本文です

民家まで1m…防犯カメラが捉えた40mクレーン車転倒の瞬間 愛知・北名古屋市

4/22(日) 1:38配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 愛知県北名古屋市で解体作業中のクレーン車が転倒しトラックや電柱を押しつぶした事故で、現場周辺の防犯カメラに転倒の瞬間の映像が残されていました。

 中京テレビが入手した防犯カメラの映像、その画面奥で作業する一台のクレーン車の車体後方が、突然浮き上がり、アームを伸ばしたまま転倒しました。

 警察などによりますと今月18日、北名古屋市沖村にある廃業したパチンコ店の解体現場で、作業中のクレーン車が倒れ周辺のトラックや電柱に直撃しました。

 クレーンを運転していた45歳の男性作業員を含めけが人はいませんでしたが、アームの長さは約40メートルで、倒れた先の民家との距離は約1メートルしかありませんでした。

 映像では、クレーンが吊るしていた看板が倒れ、その重さに耐えきれずに転倒したようにも見え、警察は作業の安全管理に問題がなかったかなど、当時の状況を調べています。

中京テレビNEWS