ここから本文です

【MLB】大谷翔平はなぜ開幕前は不振だったのか? 米メディアが7つの「?」を検証

4/22(日) 7:10配信

Full-Count

オープン戦では打率.125、防御率27.00と不振だった大谷

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)のジャイアンツ戦で今季4度目のマルチ安打を記録し、打者としては打率.342、3本塁打、11打点をマーク。投手としては、17日(日本時間18日)のレッドソックス戦は右手のマメの影響で2回3失点で初黒星を喫したものの、3試合先発で2勝1敗、防御率3.60、15イニングで19奪三振という成績を残している。だが、適応段階だった開幕前のオープン戦では打率.125、防御率27.00というらしからぬ数字で、米国メディアからは懐疑論が巻き起こるほどだった。地元紙は先日、二刀流のスーパースターがなぜ開幕前に苦しんだのか、「7つの理由」を検証する特集を掲載した。いったい何が変わったのか。

【動画】野手スタメン9戦で4度目のマルチヒット! 「6番・DH」で出場の大谷翔平、全打席ハイライト

 投打に活躍を見せる「ショータイム」は米4大スポーツで今や最も注目を集めるホットトピックと化している。そんな中、開幕前の大谷の”不振”に改めて注目したのが地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」。「いかにして、エンゼルスの二刀流のスター、ショウヘイ・オオタニはスプリングトレーニングからここまで向上したのか」と特集を組んでいた。

 記事では、投打の不調から開幕前にアメリカで沸き起こった懐疑論を紹介している。

「スプリングトレーニングでは何が起きていたのか? オオタニのキャンプでのパフォーマンスは様々な物語を生み出すほど酷いものだった。彼はメジャーレベルではないという“せいぜいその程度”のもの。それから、“一番酷いもの”として、“彼はただ単に期待外れだ”ということにまで及ぶ物語である。オオタニは高校生のバッターのようだ、という匿名スカウトの発言もあった」

 しかし、蓋を開けてみれば、投打に好調。チームメートは「スプリングトレーニングの結果はアテにならない」と異口同音に語るものの、急転換の理由については明確な答えはないという。

 エンゼルスのチャーリー・ナギー投手コーチも記事の中で「わからない。正直、この質問に答えることができない」と話し、女房役のマルティン・マルドナード捕手は「難しい質問だね。何故かと言うと、彼とはそこまで話せないから。スプリングトレーニングの間にどんなことが彼の頭をよぎったのかを理解するのは難しいことなんだよ」と語っている。

1/2ページ

最終更新:4/24(火) 14:12
Full-Count