ここから本文です

【MLB】大谷翔平、敵地交流戦に登板時の打順は…指揮官「必ずしも9番ではない」

4/22(日) 14:35配信

Full-Count

次回先発は「日曜に決める」、マメの状態は「良い感じだったと思う」

 エンゼルスの大谷翔平投手は、21日(日本時間22日)の本拠地ジャイアンツ戦は出場機会なしに終わった。チームは4-3で勝利し、連敗は「4」でストップ。注目が集まるのは、大谷の次回登板だ。17日(同18日)のレッドソックス戦では右手中指のマメの影響で2回3失点、66球で降板。前日20日(同21日)の試合前にはブルペンで投球練習を行っていたが、マイク・ソーシア監督はこの日、「22日(同23日)の試合後に決める」と明かした。

【ハイライト動画】”規格外”のパワーを見せつける…ハム時代に大谷が放った驚愕弾丸アーチ!

 大谷は「6番・DH」でスタメン出場して4打数2安打を記録した20日の試合前、ブルペン入りして20球を投じた。エンゼルスは22日の先発はハイメ・バリアと発表しており、予定通りなら大谷の登板は23日(同24日)アストロズ戦以降となる見込み。中6日を守るなら24日(同25日)のアストロズ戦となるが、指揮官は「明日の試合後に決める」と話した。

 マメの状態も心配されるが、ソーシア監督は「良い感じだったと思うけど、昨日のブルペンは感触を確かめるもので、本気で投げるものではなかった。昨日のブルペンは間違いなくいい内容だったし、一歩進んだ感じはある」と説明。好感触を示した。

 二刀流での出場について、エンゼルスも最適の起用法を模索している段階。ソーシア監督は「柔軟性を持ってやっていく。誰にとっても初めての経験であるし、ショウヘイにとってもだ。テンプレートとしては日本でやってきたことがあり、そこから柔軟性を持ってアジャストさせていく」と話す。5月以降にはDH制がない敵地での交流戦も控えているが、その時の打順についても「必ずしも9番でなければいけないわけではない」と説明。名将はこの先も柔軟に大谷を起用していくことになりそうだ。

盆子原浩二 / Koji Bonkobara

最終更新:4/22(日) 14:54
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(月) 6:15