ここから本文です

ヴェンゲル監督に故郷凱旋の可能性…PSGやモナコが獲得レースに参戦か

4/22(日) 21:00配信

SOCCER KING

 アーセナルがアーセン・ヴェンゲル監督の退任を発表したことを受けて、早くも複数クラブが同監督の招へいを目指して水面下でレースを行っているようだ。21日、イギリス紙『メトロ』をはじめ複数のイギリスメディアが伝えている。

 ヴェンゲル監督は、アーセナル退任自体は発表しているものの、監督自体の引退は考えていないと伝えられている。フランス出身の名将には早くもパリ・サンジェルマンやモナコといったフランスの強豪が動向を注視しているようだ。

 パリ・サンジェルマンはバルセロナからブラジル代表FWネイマールを、モナコからフランス代表FWキリアン・ムバッペを獲得するなど歴史に残る大型補強を実施。しかし、子シーズンも悲願であるチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成できずベスト16で敗退してしまったため、ウナイ・エメリ監督と契約延長を行わず、新たな監督を探していると報じられている。

 またモナコは現在率いているレオナルド・ジャルディム監督が、ヨーロッパのコンペティションでよい成績を残していることから、チェルシーなどのビッグクラブが注視していると伝えられている。両チームともフランス出身でコミュニケーションがとりやすく、昨シーズンこそCL出場権を獲得できなかったものの、無敗優勝などの実績を持つヴェンゲル監督招へいの可能性が浮上しているようだ。

 数多くのクラブがヴェンゲル監督の動向を伺っているが、果たして新天地はどこになるのだろうか注目が集まっている。

SOCCER KING

最終更新:4/22(日) 21:00
SOCCER KING