ここから本文です

高橋愛が“韓国愛”を熱弁「言葉を覚えてドラマに出たい」

4/23(月) 0:10配信

東スポWeb

 ピン芸人・あべこうじ(43)の妻で元モー娘の高橋愛(31)が20日、都内でガイドブック「高橋愛の韓国本。」(講談社)の出版記念会見を開いた。

 同社のファッション誌「VOCE」の連載をまとめたもの。高橋は人気グループ「BIGBANG」のファンで、年に4、5回韓国を訪れるという。

「10年前、モー娘の10周年で日韓同時にアルバムを出した。その際に現地を訪れて食べたものがおいしくて、まずは食から入っていった。同い年のBoAさんも好きだったし、その後にBIGBANGにハマッて、どうやったらG?DRAGON(29)みたいに踊れるか研究した。コンサートにも行っている」

 友達やいとこを連れて、わざわざ韓国までコンサートを見に行き、グルメを満喫。夫のあべはいったいどう思っているのだろうか? 高橋は「ダンナより前から好きなので文句は言わせない。一緒にコンサートに行ってくれたこともある」と気にする様子はない。

 モー娘時代はハロプロのリーダーとして、アイドルシーンの頂点に君臨した。ただ、「BIGBANGが番組に呼んでくれた時、ファンであることを伝えたが、覚えていてくれるかどうか」と話す姿は、冬ソナ以降に現れた“韓流おっかけおばさん”をほうふつさせるほど情熱的だ。

「韓国って食や美容など奥が深い。食べたい物が多すぎて、なんで1日3食なんだろうと思ったほど。将来は言葉を覚えて、韓国のドラマに出たいという夢がある」。アイドル、ミュージカル女優として次々に夢を実現してきた高橋だけに、韓国進出にも期待が持てそうだ。

最終更新:4/23(月) 0:10
東スポWeb