ここから本文です

乃木坂46生駒里奈 卒コンで明かしたソロ転身後の夢

4/23(月) 16:45配信

東スポWeb

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈(22)が22日、東京・日本武道館で卒業コンサートを行った。メンバーも認めるほどグループのために尽くしてきた生駒。卒業を決めた理由、ソロ転身後の夢にも“乃木坂愛”があふれていた。

 2011年8月21日に「乃木坂46第1期メンバーオーディション」に合格した生駒。デビュー曲「ぐるぐるカーテン」(12年2月発売)から5作連続でセンターを務め、12枚目のシングル「太陽ノック」も含め、単独ではグループで最多6作のセンターで、創成期から“グループの顔”として引っ張ってきた。

 コンサートでは生駒自身が「私が死ぬまで代名詞になる曲」と語るシングル「制服のマネキン」ほか43人のメンバーが25曲を披露。セットリストも自ら考え「1週間ぐらい寝れなくて…。何を話そうとかを考えてたら、頭痛の症状が出たくらいだった」と明かした。

 卒業を決めた理由について「乃木坂46が大好きだから自分の夢もそうだけど、乃木坂46が今後もっと活躍するために、私が卒業して活躍したいと思った」。さらに「これからやりたいことは“乃木坂の希望”になることです。私は自分のためだと頑張れない。何かのためになら一生懸命頑張れます。それを一番発揮できるのが『乃木坂のため』です。メンバーにも胸を張って1人で仕事をできるところを見せたい」と生駒は力を込めた。

 ある関係者は「生駒については、ファンはもちろんですが、白石麻衣といったメンバーも『誰よりもグループ愛が強い』と認めているほど。昨年は日本レコード大賞を受賞し、最も人気のある女性アイドルグループと言われていますが、卒業後の芸能活動に不安を持ち、ソロ転身をためらうメンバーも多い。そんななかで、生駒は自分が活躍する姿を見せて、少しでもメンバーを勇気づける存在になりたい気持ちがある。それがグループへの“恩返し”にもなると思っている」。

“公式ライバル”であるAKB48グループでも卒業メンバーは次第に露出が少なくなり、苦しむケースが圧倒的だ。

 乃木坂もこれまで深川麻衣、伊藤寧々、永島聖羅、宮沢セイラ(乃木坂在籍当時は宮澤成良)ら多くの卒業メンバーが芸能活動を続けている。今年、日テレに女子アナとして入社した市來玲奈は話題を集めているが、元AKBの川栄李奈のような芸能界で大活躍しているメンバーは生まれていない。

 生駒は5月6日に千葉・幕張メッセで行われる握手会イベントをもって、グループから卒業。ソロ転身後も“グループ愛”を胸に活躍してくれるはずだ。

最終更新:4/23(月) 16:51
東スポWeb