ここから本文です

新型レジャーモデル「モンキー125」発売 コンセプトは「アソビの達人」 ホンダ

4/23(月) 12:31配信

乗りものニュース

ABS装着タイプを設定

 ホンダは2018年4月23日(月)、原付二種のレジャーモデル「モンキー125」を7月12日(木)に発売すると発表しました。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

 ホンダによるとコンセプトは「楽しさをスケールアップし、遊び心で自分らしさを演出する“アソビの達人”」。従来の50ccモデル「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの魅力を踏襲しつつ、125ccの力強く扱いやすい出力特性のエンジンや取り回しやすいサイズ感、親しみやすいデザインを採用したといいます。

 外観は前後長を短くし上下にボリューム感を持たせた台形シルエットに。また、スチール製の前後フェンダーやマフラーカバーなどをクローム仕上げとしました。

 エンジンは、125ccの空冷4ストロークOHC単気筒に4速マニュアルトランスミッションを組み合わせて採用。脚まわりには、バネ下重量を軽減する倒立フロントフォークや、強度を確保した専用設計のスイングアームとしています。

 ブレーキは、前・後ディスクを採用。また、フロントのみABS(アンチ・ロックブレーキ・システム)を装着したタイプを設定しています。カラーは「パールネビュラレッド」「バナナイエロー」の2色です。

 メーカー希望小売価格(消費税込み)は39万9600円、ABS装着タイプが43万2000円。国内、年間の販売目標台数はシリーズ合計で3200台です。

乗りものニュース編集部