ここから本文です

棚橋弘至選手「夢がかなった」 ファミスタ新作に電撃参戦【動画付き】

4/23(月) 18:28配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 元プロ野球選手の山本昌氏、プロレスラーの棚橋弘至選手が23日、都内で行われたNintendo Switch用ゲームソフト『プロ野球 ファミスタ エボリューション』の新作発表会に出席した。

 8月2日に発売される新ソフトは、総勢1000人以上のプロ野球選手が登場。NBPはもちろん、シリーズ32年目で初の試みとして、ルートインBCリーグや四国アイランドリーグPlus選抜、女子ソフトボールリーグ選抜、東京六大学チームも実名で収録される。

 シリーズ第1弾『ファミスタ’88』から“やまもも”として登場している山本氏は、今作でオリジナル球団「ナムコスターズ」の選手兼監督に就任。チーム補強の大型ルーキーとして、棚橋選手の獲得に踏み切った。

 山本監督から「ナムコスターズにはパワーヒッターが足りないので、当然クリーンナップを期待している。ホームランを量産してほしい」と期待を寄せられた棚橋選手は「ベンチプレス190キロ上げますんで 積極的にホームランを狙っていきます」と気合十分に語り「乱闘要員としても監督を守り抜きます」とほほ笑んだ。

 棚橋選手の背番号は「100年に1人の逸材」のキャッチフレーズから「1/100」。ユニフォームに袖を通すと「本当に光栄です。僕はプロ野球選手が夢だったのですが、こういう形でかなったのかと。ゲームの中でもナムコスターズの一員としてグラウンドでプレイができる。楽しみにしています」と白い歯をみせていた。

 発表会にはそのほか、ファミスタシリーズ初となる主題歌「ファミスタ エボリューション」を担当するKICK THE CAN CREW・MCUも登場した。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:4/23(月) 18:28
オリコン