ここから本文です

世界初!オン/オフロード対応のEVスーパーカー「Miss R」

4/24(火) 12:05配信

bouncy

EVレーシングカーを開発する中国のEVスタートアップXING Mobilityから、レーシング走行からオフロード走行までこなすEVスーパーカー「Miss R」が登場した。

4基の電気モーターを搭載

すでにEVレーシングカーはいくつも登場しているが、「Miss R」は未舗装の道路も走り抜けるパワーを持ち合わせている。4基ものモーターを搭載することで、 1メガワットの出力を実現しており、1,341馬力に相当するという。一般的なクルマで100馬力程度なので、荒いゴツゴツの道路でも難なく走り抜けられるだろう。

時速0km→100kmまで1.8秒

パワフルな出力ですさまじい加速を実現した「Miss R」。最高時速は時速270kmで、わずか1.8秒で時速0kmから時速100kmに達し、5.1秒後には時速200kmに到達するという。

「Miss R」を駆動させるバッテリーはたった5分で換装できるようになっているため、レースのピットストップでも遅れを取らないかも?
・ ・ ・

家の壁にクルマの絵を描くほど、クルマ好きな創始者のRoyce YC Hong氏は、幼い頃から自分でスーパーカーを作ることを夢見ていたそうだ。環境にも優しいEVでその夢を実現した「Miss R」。ロマンあふれるスーパーカーにも、電気の時代が訪れている。

XING Mobility

Viibar.Inc

最終更新:4/24(火) 12:05
bouncy

Yahoo!ニュースからのお知らせ