ここから本文です

はしかの感染拡大!GWに旅行へ行く前に気を付けるポイント

4/24(火) 20:05配信

FNN PRIME

沖縄県ではしか患者が急増

3月20日にはしかと診断された台湾からの旅行客を発端に、沖縄県ではしかが流行し感染が広がっている。

「はしかワクチン」への誤解と本当の効果を確認する…

24日には愛知県で、名古屋市内に住む女子中学生の姉妹がはしかに感染していることを確認。2人が市内の病院を訪れた同じ日に、沖縄に旅行してはしかに感染した10代の少年も受診していたことがわかった。名古屋市では院内で二次感染した可能性が高いとみて注意を呼び掛けている。
これで全国のはしかの感染者は、74人となった。

GWで旅行する人が増える中、これ以上、感染を拡大させないためには何が必要なのか?

「ワクチン接種が唯一の予防法」と語る、国立感染症研究所 感染症疫学センターの多屋馨子室長に聞いた。

訪日外国人が持ち込む例が相次いでいる

ーー沖縄を中心に今、はしかの患者が増えている理由は?

東南アジアなど海外から帰国する人や、日本を訪れる外国人が持ち込む例が相次いでいて、今回、流行している沖縄県も、台湾からの旅行者によって、はしかのウイルスが持ち込まれました。

ーー沖縄県以外の都道府県でも、はしかの患者は報告されているんですか?

沖縄県以外の都道府県からも、患者さんの報告はあります。

国立感染症研究所が4月18日に集計したデータでは、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、大阪府、山口県、福岡県からも報告されています。

はしかの患者と同じ空間を共有していれば感染の可能性あり

ーーそもそも、「はしか」というのはどのような病気なんですか?

ウイルスによる感染症で、高熱や全身の発疹、咳、鼻汁、咽頭痛、結膜充血、眼脂などの症状が1週間から10日間近くみられます。

また、肺炎や脳炎を合併することがあり、命にかかわる重症の感染症です。

ーーどうやって感染するんですか?

感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染。

はしかの患者さんと同じ空間を共有していれば、感染する可能性があります。

ーー潜伏期間は?

多くは10~12日です。長くても約21日です。

ーー予防法は?

ワクチン接種が唯一の予防法です。

1/3ページ

最終更新:4/24(火) 22:43
FNN PRIME