ここから本文です

【MLB】シカゴ紙、ダルに“苦言”の正捕手を一刀両断「レギュラー2年目の選手が…」

4/24(火) 17:50配信

Full-Count

前回登板に5回に突如乱調で2敗目、試合後の女房役のコメントは「不愉快」

 カブスのダルビッシュ有投手は、21日(日本時間22日)の敵地ロッキーズ戦で4回2/3を投げて5安打4四球5失点4奪三振と乱調に終わり、今季2敗目を喫した。4回まで好投しながら5回に突如乱れてKOされたのは今季4試合中3試合目。右腕にとっては“魔の5回”となっているが、試合後にダルビッシュを擁護しなかった女房役を地元メディアは一刀両断している。

【動画】ダルビッシュ、4回までは好投も...突如の乱調に捕手が苦言 22日のロッキーズ戦、投球ハイライト

「なぜカブスはユウ・ダルビッシュのために弁解しないのか。彼らがジェイク・アリエッタのためにしたように」と特集したのは地元紙「シカゴ・サンタイムズ」だ。今季、5回に突如崩れる展開の続くダルビッシュ。キャンプイン直前に6年1億2600万ドル(約137億円)の大型契約を結び、カブス入りした日本人右腕には炎上続きで厳しい視線が向けられている。

 だが、ダルビッシュを擁護しようとしなかったチームメートはさらなる批判を浴びている。

「デンバーでは不愉快なことがあった。土曜日のロッキーズ戦で確かにダルビッシュは良くなかったけど、決して彼のことを指しているわけではない。不愉快なこととは、またしても苦しい登板となってしまったこの日のダルビッシュに対する扱い方だ。キャッチャーのウィルソン・コントレラスは2死でロッキーズの投手、タイラー・アンダーソンに四球を出したことを(声を大にして)指摘した」

 記事ではチームメートを「不愉快だ」と一刀両断。槍玉に挙げられたのはコントレラス捕手だ。女房役が試合後、「2アウトの後、彼はあまりにも余裕を見せているように見えた。彼は四球を出し、フェイクバント(バントのふりをする)もあった。ダルビッシュは頭の中で、混乱しているように思えた。メジャーでは何アウトであろうが、打者に対して攻めていかなければならない。我々はそこから学ばなければいけない」と、ダルビッシュへの“苦言”とも取れる発言をしていたことを紹介している。

 だが、ダルビッシュを擁護しないこのコントレラスの発言には疑問符がつけられている。

1/2ページ

最終更新:4/25(水) 16:48
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(月) 6:15