ここから本文です

ひじ打ちで退場の長谷部誠、執行猶予付き4試合出場停止…今季リーグ戦終了

4/24(火) 20:07配信

SOCCER KING

 フランクフルトは24日、日本代表MF長谷部誠が4試合の出場停止処分を科されたと発表した。ブンデスリーガは残り3試合であるため、同選手は今シーズンのリーグ戦でピッチに立つことができなくなった。

 長谷部は21日に行われたブンデスリーガ第31節のヘルタ・ベルリン戦で先発メンバーに名を連ねたが、0-2で迎えた79分にレッドカードを受けた。ドイツ人FWダヴィー・ゼルケとの競り合いからひじ打ちを見舞い、一発退場となったのだった。

 そして今回、ドイツサッカー連盟(DFB)が長谷部へ追加処分を科すことを決定。「相手選手に対する悪質な反スポーツ行為」として、4試合の出場停止処分を受けることが決まった。なお、DFBの発表によれば、3試合の出場停止は確定、残り1試合については執行猶予となるようだ。

 フランクフルトの発表によると、長谷部と同クラブは異議申し立てなどは行わず、処分を受け入れる見通しとのこと。同選手は2014年夏からフランクフルトでプレーしているが、レッドカードを受けるのは今回が初めてだった。

 今回の処分により、3試合を残して今シーズンのリーグ戦全日程を終えることとなった長谷部。自身11シーズン目のブンデスリーガは24試合出場(先発は23試合)を記録して幕を閉じた。なおフランクフルトはDFBポカール決勝でバイエルンと激突するが、同試合に処分は適用されないため、長谷部が出場することは可能だ。

SOCCER KING

最終更新:4/24(火) 20:51
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報