ここから本文です

完全移籍を勝ち取った堂安律…8G3Aは欧州10代選手でトップクラスの成績

4/24(火) 18:56配信

ゲキサカ

 フローニンゲンへの完全移籍が決まったFW堂安律(19)は今季、エール・ディビジで8得点3アシストを記録している。データサイト『オプタ』によると、これは欧州リーグの10代選手の中でもトップクラスの成績だという。

 オプタの公式ツイッター日本版(@OptaJiro)は24日、欧州5大リーグとエール・ディビジで「二桁得点に関与している10代選手」のリストを発表。5人の選手が記載されており、その中に堂安の名前がある。

 1番上にはパリSGの主力として13ゴール8アシストを記録しているFWキリアン・ムバッペ(19)が君臨し、以降は8ゴールで並ぶ選手たち。6アシストのフィテッセMFメイソン・マウント(19)、元オランダ代表エースを父に持つ5アシストのアヤックスFWジャスティン・クライファート(18)が並び、3アシストの堂安が続いている。また、レバークーゼンで3ゴール8アシストのMFカイ・ハフェルツ(18)も入った。

 堂安はU-20W杯出場後の2017年夏、中学時代から過ごしたガンバ大阪を巣立ってフローニンゲンに期限付き移籍。契約期間は1年間となっていたが、現地での活躍が評価され、見事に2021年までの3年契約を勝ち取った。

最終更新:4/24(火) 18:56
ゲキサカ