ここから本文です

入江甚儀×井上小百合(乃木坂46)が、「若様組シリーズ」第2弾に挑む!

4/25(水) 18:13配信

チケットぴあ

『しゃばけ』などで知られる小説家・畠中恵が手がける「若様組シリーズ」は、明治時代を舞台に旧旗本出身の警官たち、通称“若様組”の活躍を描いた人気作。2016年に『若様組まいる』が舞台化・上演され好評を博したが、今回その“第2弾”『若様組まいる~アイスクリン強し~』が上演されることに。

【そのほかの画像はこちら】

前作にひきつづき、“若様組”の中核的存在・長瀬健吾を演じるのは入江甚儀。「前作、すごくいい雰囲気だったんですよ。やることがすごく多い舞台だったんですね、ダンスも殺陣もあるし、舞台装置も特殊でした。若様組をはじめ、同世代の俳優も多かったので、いろいろ苦労した分、団結したというか。今回はさらに同世代のメンバーが多いですし、みんなで仲良く、一致団結してできたらいいなと」(入江)

今回初参加であり、登場人物たちを翻弄する?ご令嬢、紫堂志奈子を演じるのは乃木坂46の井上小百合。ちなみにこの2名は、舞台『帝一の國』シリーズで共演済み。なので井上はシリーズものへの初参加となっても心強かったとか。井上に入江が「心のサポートができればいいかなと」と言えば「1ミリもできてないです!」と井上が返す、そんな気心知れた仲。でも井上にとって今回の役はこれまでに演じたことがないタイプで、なかなか苦戦中らしく。「キャラクターを聞いてまず“自分じゃないだろ”って思ったんですよね(笑)。マネージャーさんにも“井上っぽくないからいいなと思って”って言われたんですけど……ただの悪役だったらストレートにできるんですけど、志奈子ちゃんはそうじゃない。すごく難しいんですよ」(井上)

悩む井上に、「でも、俺は合ってると思うよ」と入江。果たしてどんなキャラクターなのか? そのあたりは本番をお楽しみにしていただくとして、入江も新たな座組みとなった“若様組”にいろいろ考えている最中とか。「若様っていつも4人で行動してるんですけど、今回演出の村上さんから“あまり合わせすぎないで欲しい”という注文があったんです。でもそれって合わせなくちゃできないんですよね(笑)。4人で考えた上で、“そうじゃなく見せる”パフォーマンスができて、でも根底は息があっている、というアプローチが必要。稽古しながらいろいろ考えてます」

ちなみに今回の物語は明治23年を舞台に、玉城裕規演じる駆け出し西洋菓子職人・皆川真次郎と若様組らが繰り広げる、“スイーツ文明開化物語”。若き俳優陣の奮闘がキャラクターにも重なる、さわやかな作品になりそうだ。

公演は4月27日(金)から5月6日(日)まで東京・サンシャイン劇場にて。チケットは発売中。

取材・文:川口有紀

最終更新:4/26(木) 12:37
チケットぴあ