ここから本文です

クリンチャー三浦騎手「勝ちに行きたい」/天皇賞・春共同会見

4/25(水) 12:11配信

netkeiba.com

■クリンチャーに騎乗予定の三浦皇成騎手

――急遽、白羽の矢が立っての騎乗依頼だったと思います。依頼はいつごろ来たのでしょうか?
三浦 日曜日のレースが終わった後でした。1週間の競馬が終わってひと段落ついた後だったので、驚きと…驚きしかなかったです。

【写真】クリンチャーこれまでの軌跡

――GIですもんね。
三浦 そうですね。このようなかたちで依頼が舞い込んで。僕を選んで下さって、本当にオーナーに感謝しかないです。

――前走までクリンチャーに抱いていたイメージは?
三浦 前走まではどちらかというとズブさというか、一線級でやっている馬たちに比べてちょっと幼さだったり反応の鈍さがあるのかな、と思っていたのですが。かえってそれが競馬でいいふうに出ていたのかな、と。でも、前走を見る限りしっかりスイッチがあるというか、いろいろ気をつけて乗らなければいけないんだなというふうに思っていました。

――今朝の追い切りでは初めてクリンチャーに騎乗されましたが、宮本師からの指示は?
三浦 馬のほうはしっかり乗り込んで仕上がっているという話でした。今朝の追い切りで単走で馬のクセなどをしっかり確認して欲しいということでした。あいにくの雨なので馬場はいつもより悪いのが心配だったのですが、そういう意味でもいろいろと気をつけながら乗りました。

――実際にまたがった感触は?
三浦 ずっと坂路まで並足で歩かせてもらったんですけど扱いやすい馬でした。すぐにコンタクトがとれましたし、またがってみても確かに“やはりGIを取りに行く、いい馬だな”という背中をしていました。

――どのあたりが良かったですか?
三浦 時計は無理しないように最後までいい走りを持続できるようにという指示だったんですけど、逆にちょっと物足りないかなと思うくらい。時計は55くらい(注:54.9-39.9-12.6)だったんですけど、もっといい時計が出る印象でした。でも、今日は馬も仕上がっているという話だったので、どういう状態なのか、どういうときにどういう反応をみせるのかという確認を取りたかったのですが、そういう意味では本当にいい追い切りができました。初めてでしたけど、“改めていい背中をしているな”と感触がつかめました。

――前走の阪神大賞典の走りを見て、ちょっとクセがある馬だな、と思いませんでしたか?
三浦 クセととらえるか、逆にこの馬の良さととらえるか。そこはもう初めてタッグを組ませていただくので、この馬のセールスポイントだと思いました。“それをいいように競馬で持っていけたらな”と思っているので心配はしていません。

――スタミナ面は感じられましたか?
三浦 はい。本当にいい走りを最後まで持続できていましたし、いい感触をつかめたんじゃないかなと思っています。

――今回、調教を終えて調教師と話しましたか?
三浦 自信を持って乗ってきて欲しいと言われました。オーナーからも調教師からも“今回は勝ちに行く”という気持ちがじゅうぶん伝わったので、僕もその中で手綱を任せていただいた以上、勝ちに行きたいと思っています。

――レースプランは?
三浦 一番は馬のリズムとコースロスなく立ち回ることだけです。枠順を含めてこの馬が3200mコースロスなく気持ちよく走り切れるように導けたらと思っています。

――内、外の希望はありますか?
三浦 やはり内枠のほうがイメージはつきやすいですけど。内枠、内枠と言っていて外枠になることもあるのでその辺はあまり気にせずにいこうと思います。とにかくいいイメージがつかめたので、どの枠でもこの馬のリズムで走れれば間違いなくいい結果がついてくると思っています。そういう意味でも今日、感触をつかめてよかったです。

――最後にひとこと。
三浦 このようなかたちで急に依頼をいただきましたけれども、しっかりこの馬の競馬をして勝ちに行けたらと思っていますので、応援よろしくお願いします。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:4/25(水) 12:11
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ