ここから本文です

効果的な学習法を紹介 浜松学芸中高、教育プロデューサー講演

4/25(水) 9:38配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡新聞社・静岡放送は24日、家庭教育プロデューサーの酒井勇介さんを招いた講演会を浜松市中区の浜松学芸中高で開いた。中学生と中高生の保護者計約230人が効果的な学習方法や意欲を高める家庭環境づくりに理解を深めた。

 酒井さんは受験や定期試験対策として、自身の弱点を見つけた上で自宅学習の時間割を作ることの重要性を伝えた。テストに向けた家庭内でのやりとりについて、「子ども自ら『次回は何点取るよ』と宣言すると結果につながりやすい」と述べた。一方、成績が上がらない子どもの特徴として(1)学習時の姿勢が悪い(2)時間を守らない(3)どこでもゲーム・携帯電話―を挙げた。

 新聞を読む効果も取り上げ、「朝に3分間パラパラめくることで脳のウオーミングアップになる」と指摘。「新聞に載った良い記事や悪いニュースを家族で話し合うことで判断力を育てる」と話した。

静岡新聞社