ここから本文です

【映像】ウェールズのリゾートに異変 カシミヤヤギの群れが出没

4/25(水) 16:33配信

アフロ

 ビクトリア時代を彷彿とさせる北ウェールズの海浜リゾート地スランディドノーといえば、19世紀から続くカシミヤヤギの放牧地として知られている。石灰岩がミルフィーユ状に多層を形成するグレート・オームと呼ばれる台地で、今も放牧が行われている。
 ところが、ヤギの群れが最近になって冒険の面白さを覚えたのか、町に出没するようになった。民家の庭先や地元の小学校の垣根や校庭はもとより、フィッシュ&チップスの店先などで草を喰む姿が散見されるようになった。

(イギリス、スランディドノー、4月25日、映像:Caters/AFLO)

最終更新:4/25(水) 16:33
アフロ

Yahoo!ニュースからのお知らせ