ここから本文です

浦和オリヴェイラ新監督「修正する時間はない。変化は少しずつだ」…継続性を重視

4/25(水) 22:11配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第10節が25日に行われ、三協フロンテア柏スタジアムでは柏レイソルと浦和レッズが対戦した。浦和はオズワルド・オリヴェイラ新監督の初陣となったが、結果は0-1の黒星となった。

こんなにカワイイ“美女サポ”見たことある?スタジアム、行こうぜ!2018開幕編【26枚】

オリヴェイラ監督は「両チームともインテンシティが高く、ゴールキックでも難しかった。マークがタイトでつなげず、それがこの試合の特徴。ロングボールを入れてセカンドボールを拾ったほうが有利になっていた」と、試合を振り返る。

それでは本来、どのようなサッカーを志向していたのか。その問いには「相手がどこまでやらせてくれるかによるが、サイド攻撃はしようとしたが、前半に止められた」と答えた。

チームを引き継いでからわずか数日。オリヴェイラ監督は「プレシーズンからやってきてすでに一度監督が代わっている。できるだけ継続性を持たせて徐々に私の色を加えたい。修正する時間はない。例えば昨日がメンバーそろってやる初の練習だった。連戦が準備を難しくしている。変化は少しずつだ」と、これまでのサッカーを継続しつつ、徐々に自分の色を出したいと語った。

浦和の次節は3日後の28日。ホームで湘南ベルマーレと対戦する。

Goal

最終更新:4/25(水) 22:11
GOAL

スポーツナビ サッカー情報