ここから本文です

「羽毛布団」は洗濯機で洗える クリーニング業者のほとんどが水洗いしている理由と「おうち洗い」の仕方を紹介

4/25(水) 12:02配信

マネーの達人

羽毛布団はカバーをつけて使っていても身体から出る皮脂や汗がしみ込んでいたり、ニオイがついてしまっていたりするものです。

また、子供が使用している場合おもらしをして汚してしまうケースも。

ですから、できるなら気軽におうち洗いができるといいですね。

少なくともシーズンの終わりにはおうちで洗ってスッキリした気分で保管しておきたいものです。

そして実は、羽毛布団はおうちの洗濯機で洗えます。

しかも、本当に簡単な方法で洗えるのでぜひ羽毛布団をおうちで洗いきれいにしてからしまっておきましょう。

実は羽毛布団をドライクリーニングで洗うのはNGだった?

羽毛布団はデリケートなイメージが強いので、おうち洗いはできないと考えている人もいるのではないでしょうか?

確かに羽毛布団についている洗濯表示は「ドライクリーニング」になっています。

しかし、実はドライクリーニングは羽毛布団を洗う方法としては適していないと言われています。

ドライクリーニングでは石油系の溶剤を使うので油汚れしか落ちません。

つまり、羽毛布団にしみ込んだ汗やニオイはドライクリーニングでは落ちにくいのです。

また、ドライクリーニングで油汚れを落としてしまうと羽毛自体が持っている貴重な油脂分を落としてしまい羽毛を劣化させる可能性もあります。

羽毛布団はドライクリーニングで洗うものだと考えていた人もいるかもしれませんが、実はNGな洗い方だったのです。

ですから、クリーニング業者のほとんどが羽毛布団を水洗いしています。

また、最近はクリーニング業者でも羽毛布団は宅配クリーニングシステムを採用している会社が多いです。

この場合1枚につき1万円近いコストがかかります。(ただし、2枚以上になると1枚当たりのコストは安くなります)

でも羽毛布団を本当におうちで洗って大丈夫?

では、羽毛布団をおうちの洗濯機で洗っても大丈夫なのでしょうか?

結論としては大丈夫です。

実際に、うちは毎年羽毛布団をしまう前におうちの洗濯機で洗ってからしまっています。

しかも、洗った後はふんわりとふかふかの状態に戻って嫌なニオイも消えています。

では、その洗い方についてご紹介しましょう。

1/2ページ

最終更新:4/25(水) 12:02
マネーの達人