ここから本文です

サンプリングと著作権─裁判例2─ ~元ネタがわからないようなサンプリングでも違法なの?

4/26(木) 7:02配信

Web担当者Forum

実践編 第30話 [各論編]著作権紛争

・Newton事件
・Bridgeport事件
・VMG Salsoul事件

新妻の瞳嬢に無断サンプリングを叱られ、反省しきりの著作ケンゾウ君。まだまだケンゾウ君の修行の旅は終わらないようである。そんなある日、友人のミュージシャンから相談があると言われて、近所のカフェに呼び出された。知識が不足しているわりには人望が厚いケンゾウ君は、なぜか頼られる兄貴なのである。ここが彼の悩みの種であるが、今回も何やら難しそうな気配が……。

ケンゾウ君の友人のケースのように、インターネット上で無断サンプリングや盗作の指摘をするユーザーが増えている。的外れな指摘も少なくないが、アーティストに与える影響が大きいのも確かである。今回のように、無断サンプリングを指摘されるとその真偽にかかわらず、アーティストのイメージや評判が傷つくおそれがある。

それでは、元ネタを教えない限り、誰にもわからないようなサンプリングについても、権利者から許諾を得る必要があるのだろうか。実はこの問題を扱った裁判例がアメリカには存在する。そこで、前回に引き続き、今回もアメリカにおけるミュージック・サンプリングの重要裁判例を解説することにしよう。

今回取り上げるNewton事件とBridgeport事件、VMG Salsoul事件は、アメリカの音楽業界に大きな影響を与えた事件である。特にBridgeport判決には批判が多く、その妥当性については大きな疑問が投げかけられている。今回は、この3つの重要裁判例を詳しく解説し、アメリカが直面しているサンプリング紛争の問題点を明らかにしてみたい。

 

Newton事件とは

■ Newton v. Diamond, 349 F.3d 591 (9th Cir. 2003)

□ [事案の概要]

音楽グループのビースティ・ボーイズは「Pass the Mic」というラップ・ソングを創作するために、ECMレコードというレコード会社から著名なジャズ・ミュージシャンであるジェームズ・ニュートンのフルート演奏が収録された「Choir」という楽曲のサウンド・レコーディングの一部を使用するためのライセンスを使用料1,000ドルで取得した。しかし、楽曲の著作権者であるニュートンからは楽曲の使用許諾を得ていなかった。

ビースティ・ボーイズが使用したサンプリング部分は、3音(C-D♭- C)から構成される6秒のフレーズだった(次頁譜例1参照)。オリジナルの「Choir」は4分30秒の楽曲であり、サンプリング部分は全体の2%であった。ビースティ・ボーイズは「Pass the Mic」の中でこのフレーズを40回繰り返し使用した(トータルの使用時間は4分)。ジェームズ・ニュートンはビースティ・ボーイズとレコード会社に対して著作権侵害を主張し、カリフォルニア州中部地区連邦地方裁判所に訴訟を提起した。

1/5ページ

最終更新:4/26(木) 7:02
Web担当者Forum

Yahoo!ニュースからのお知らせ