ここから本文です

山口達也は「治療」に専念すべきだったのか 香山リカ、アルコールめぐる事務所対応に疑問

4/26(木) 20:12配信

J-CASTニュース

 精神科医の香山リカ氏(57)が2018年4月26日、強制わいせつ容疑で書類送検された「TOKIO」の山口達也メンバー(46)について、「立派なアルコール依存症じゃないですか」との見解をツイッターに投稿した。

 さらに香山氏は、「アルコール依存症という病気になってるのが明らかなタレントに、適切な治療も受けさせずに仕事バンバンやらせるって」と指摘。「事務所の安全配慮義務は問われないのか」との疑問を示した。

■「依存的なものはない、と自分では思っている」

 送検報道を受けて26日昼に開いた会見で、山口メンバーは「お酒の関係」で体調を崩し、事務所の勧めで1か月程度入院していたと告白。退院当日、焼酎の瓶を1本空けるなど大量に飲酒をし、酔った状態で女子高校生を自宅に招いたと説明した。

 山口メンバー本人は、記者から「アルコール依存症」の可能性を問われ、

  「依存的なものはない、と自分では思っている」

と明確に否定していた。

 だが、香山氏は会見後に更新したツイッターで、

  「山口達也さんはアルコールの問題で1ヶ月入院し、退院した日に飲酒して事件起こしたってホントですか?だとしたら、立派なアルコール依存症じゃないですか」

との見解を示した。

 その上で、「アルコール教育してくれる病院に3ヶ月は入院して、そのあとは断酒会かAA(編注・アルコホーリクス・アノニマス=アルコール依存症患者の自助グループのこと)に通ってほしい」とも提言。「仕事は2年は無理です」とも訴えていた。

「適切な治療も受けさせずに仕事バンバンやらせるって...」

 さらに香山氏は、こうした状態の山口メンバーに仕事を続けさせていた事務所の対応も問題視。本人が会見で話していたなど内容から、山口メンバーについて、

  「飲酒欲求をコントロールできず、病的酩酊(記憶を失うなど)も起こすなどアルコール依存症という病気になってるのが明らか」

だと改めて指摘。その上で、

  「適切な治療も受けさせずに仕事バンバンやらせるって、事務所の安全配慮義務は問われないのか」

との疑問を投げかけた。続けて、「被害者があまりに気の毒だ」ともこぼしている。

 なお、山口メンバーのアルコールに関する問題については、26日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」にコメンテーターとして出演していた医師の木下博勝氏も、

  「(退院)当日、また飲んでいますからね、本人は否定されていましたけれど、依存症ということは言えると思いますね、僕は」

との見解を示していた。

最終更新:4/26(木) 20:25
J-CASTニュース