ここから本文です

銀座の老舗喫茶室「炎上覚悟で申し上げます」 小さな子連れ客に向けたツイートが反響

4/26(木) 11:32配信

ねとらぼ

 銀座の老舗喫茶室「銀座ウエスト」の公式Twitterは4月24日、「小さなお子様をお連れの喫茶室ご利用のお客様へのお願い」と題したツイートを投稿。「炎上覚悟で申し上げます」とも書き添えられており、来店客のマナーに対して踏み込んだ内容だったものの、もっともな主張だとしてネット上では好意的な反応が目立っています。

【画像】炎上覚悟のツイート

 同ツイートでは「大きなお声を出したり、走り回るなどのお子様の行為が周囲のお客様へ多大なご迷惑となっている場合がございますので、くれぐれもご注意の程何卒お願い申し上げます」と、店内では静かにするよう呼びかけ。

 さらに、続くツイートで「昔銀座は特別な場所でした。銀座へ行く時のために、親が銀座ワシントンの靴とヤングエージの服をわざわざ買ってくれたのを思い出します。今銀座も特別な場所ではなくなってしまいましたが、ウエストはそういう場所になりたいと思っています」とも投稿し、店内を特別な空間にしていきたいという思いについて説明しました。

 特に最初のツイートは広く拡散され、リツイート回数は9000件近くにまで上りました。ネット上の反応はほとんど好意的なもの。元ツイートに対して「子供は騒ぐのが当たり前。だから、どうしても子供を連れ歩かなければならない時は、大人の空間に連れて行かないのが当たり前」「私にもこどもがおりますが、お子様連れOKと騒いでOKは違います」といった意見が寄せられています。

 中には店側が子どもの入店禁止をルール化したほうが余計な衝突を生まないのではないかといった意見も見られましたが、銀座ウエストはこうした意見に対し「年齢制限してはとのご意見もございましたが、就学前とおぼしきお子様がアイスクリームの器を前にきちんと足を揃え、少し緊張してお座りになっているのは微笑ましいものです。こんな素敵なお客様を締め出す事は出来ません」とも補足しています。

 ねとらぼ編集部では炎上覚悟でツイートをした背景について同店に取材を申し込みましたが、取材は基本的に断っており「ツイートの通りです」とのことでした。

 なお、一連のツイートについて、銀座に相応しくない服装で来店して欲しくないという意図はなく、先代の「服装や身なりでお客様を判断してはいけない」という言葉を守り、他のお客さんの迷惑にならない限り、どんなカジュアルな服装でも来店歓迎だというツイートも投稿しています。

最終更新:4/26(木) 12:46
ねとらぼ