ここから本文です

馬場美香監督 中国を倒して金メダルへ「一番いい状態の選手を出す」(前編)世界卓球2018スウェーデン

4/26(木) 19:00配信

テレビ東京スポーツ

テレビ東京

半世紀ぶりの団体世界一へ_

「世界卓球2018スウェーデン」が今月29日(日)からスウェーデン・ハルムスタッドで開幕する。47年ぶりの金メダルを目指す女子日本代表は、石川佳純、平野美宇、伊藤美誠、早田ひな、長崎美柚の5名。女子5名を率いる馬場美香監督に意気込みを聞いた。


-世界卓球の団体戦は馬場監督になられてから初めて。団体戦に向かう馬場監督自身の気持ちは?

フレッシュな気持ちと、それから団体戦初めてというところで少しどうなるのかなという想像が付かないところがありますので、そこのところは自信だったり、それから少し予想を展開できないっていうところがあります。


-オーダーを考えられる上での馬場監督自身の重視されるポイントは?

そうですね、まず一番大事なのは、一番いい状態の選手を出すということが自分で一番考えているところです。また、対戦相手それから勝つことを目的としていますので、勝って進んだ時にどのようにオーダーをしたらいいかっていうのも頭の中に入れています。


-あえて1つグループリーグの中で山になりそうな試合は?

2つに分けています。1つ目は、第1戦、世界卓球の団体戦、やはりスタートというところで1戦目のウクライナ、それからもう1戦はオーストリアを考えています。

監督として考えるところは、選手がいいパフォーマンスだったり、緊張しないようにどのように第1戦を迎えさせるかということを非常に注意しています。


-ポイントとして挙げられたオーストリア、個々の選手であったりあるいは国であったり、どういう特徴、どういうところに注意しなければならない?

やはり世界ランクが高いというところが一番挙げられますし、それから少し過去に苦手意識を持っていたりしていた選手もいるので、そこをうまく気持ちをほぐしながら、今は違うんだというところと、それからどのようなオーダーを組んでくるのかというのを頭の中で想定しながら、そのように対策しています。


-まずチームの平均年齢が18.4歳。これはちょっといまだかつてないくらい若いんじゃないかと思うけど、合宿中の雰囲気は?

私がよく思うことは、年齢が若いとか年齢が上かということはあまり考えていなくて、今回は日本選手が非常に若いということですけれども、卓球歴だったりそれから経験というものは、それほど新しくはないじゃないですけど、伊藤選手も若いですけれども世界卓球も五輪も経験していますから、そういった意味ではあまり気にしていないっていうところもあります。

ですので、いい意味で言ったら若いから心配っていうことはあまりしていません。今のところですけどね。


-石川選手、前回のチームワールドカップもなんですけど、今回もキャプテン。彼女をキャプテンにしようと思った理由とキャプテンとして彼女に期待する部分は?

まず一番年上でリーダーとしてみんなを、若い選手を引っ張っていってもらいたいっていうのが1つですかね。それから試合の中でも、戦う上で彼女がキャプテンとしての役割を果たすように戦いぶりをしてほしいというふうに思っています。

それから練習の中でも、どの選手も明るいんですけれども、でもちょっとやはりもしかしたらこの大会、世界選手権の大会中どんなことが起こるか分からないので、そういう意味では石川選手が一番経験もしていますので、どのような状況になったときでも彼女は対応してくれると思っていますので、そういうときに1つの声掛けでもみんなの雰囲気は変わると思いますので、そういう意味では彼女に非常にそういうところを期待しています。


-馬場監督から見た伊藤選手の卓球のスタイル、どういうところが強み?

彼女は非常に、大きな大会になればなるほど楽しそうに、普段どおりの試合ができるところが非常に強みでもあります。ですから、どんな大会でも自分の力を発揮できると私は思っています。

それから技術的には非常に多彩なプレーができますし、相手が予想していない技を出すことができますので、相手としては意表を突かれたりびっくりしてしまってちょっと慌てたりとか、それから試合の流れがそこから変わっていったりする場面が多いので、そういうところは非常に優れていると思っています。

テレビ東京