ここから本文です

TOKIO山口達也さん、会見で女子高生に謝罪 「心の傷という一言では済まされない」

4/26(木) 15:36配信

BuzzFeed Japan

自宅のマンションで女子高生に無理やりキスをするなどの行為をしたとして、「TOKIO」のメンバー・山口達也さんが強制わいせつ容疑で書類送検されたと、NHKをはじめ報道各社が報じた。山口さんは4月26日午後、都内のホテルで会見を開き、被害女性とその家族に謝罪。ジャニーズ事務所は、山口さんの無期限の活動停止を決定したと発表した。会見の様子と主な発言を紹介する。【BuzzFeed Japan / 伊吹早織】

事件の経緯「記憶は曖昧」

会見場に現れた山口さんは黒いスーツに身を包み、目に涙を浮かべたまま、数十秒間にわたって深々と頭を下げた。

「これだけ世の中を騒がせてしまったこと、被害者の女性、友人、ご家族のため、お怒りの方、呆れている方、心配している方、応援してくれている方のためにも、まず処分が決まる前に、私の口からご報告させていただきます」

冒頭で顧問弁護士と山口さんが説明した、事件の経緯はこうだ。

山口さんは1月中旬からアルコールで体調を崩し、入院。退院した2月12日は、午前中に仕事を終えて帰宅し、酒を飲み始めた。

午後8時ごろ、山口さんが被害を受けた女子高生に「家に来て話さない?」と電話した。女子高生は山口さんとも面識のある友人を誘い、山口さんの自宅へ行った。

30分~1時間ほど3人でリビングで話し、山口さんが被害女性にキスをした。山口さんが退席している間に女性たちは家を出た。その間、山口さんは焼酎瓶1本程度、飲酒していたのではないかという。

3月末に警察の事情聴取が始まり、4月頭に山口さんから事務所へ相談した。なお、山口さんは事件当日の記憶が曖昧で、のちに警察から受けた説明で詳細な経緯を知ったと話している。

事務所の顧問弁護士によると、検察による捜査は続いているが、女性側から被害届は取り下げられ、示談も済んでいるという。

被害女性は未成年で、仕事を通じて知り合ったと報じられている。

被害女性へ「心の傷という一言では済まされない」

山口さんは会見で、涙を流しながら被害女性へ謝罪の言葉を口にした。

「2月12日にそういうことがあって、私はそれも知らずに普通に仕事をしてたってことが、すごく情けなくて」

「その間彼女は、本当につらい思いを1ヶ月間して、したくもない話を警察の人に聞かれ、思い出して苦しむような日々を送っていたんだと思うと、言葉にならないです。本当に申し訳ありません」

「事情聴取が始まってからは、毎日そのことを考えていて。簡単に心の傷という一言ではきっと済まされない」

「うちに来ればと言った時に、やっぱり彼女には断れなかったこともあるだろうし、未成年からしたら大人の男性が怖かったんだろうなということ…」

「もしかしたら、一生、忘れられない出来事だったのかなということを考えると、本当に申し訳ない」

会見では、事務所の顧問弁護士が被害者の保護者のコメントを読み上げた。

「今回娘が被ったことは、親としては決して許せるものではありません。ただ娘にも山口にもこれからがあります。この過ちで、一人の人間の未来が、全て奪われてしまうことは、私たちも望んでおりません」

「山口には娘の心の傷に向き合いながら、これからを考えていただき、娘についても、そっとしておいてもらいたい」

山口さんはこのコメントで「救われた」と話した。

1/2ページ

最終更新:4/26(木) 16:08
BuzzFeed Japan