ここから本文です

モウリーニョ、構想外の22歳フランス代表FWの移籍を容認へ

4/26(木) 21:30配信

ゲキサカ

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、フランス代表FWアントニー・マルシャル(22)の退団を容認する構えのようだ。地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

 マルシャルは、2015年夏にモナコから1年間の延長オプションが付いた4年契約でユナイテッドに加入。ここまで公式戦133試合36ゴールを記録しているが、モウリーニョ監督の就任以降、徐々に序列を下げ、今季はプレミアリーグ28試合出場も11試合がベンチスタート。さらにFWアレクシス・サンチェスの加入以降は6試合の出場にとどまっている。

 同紙によると、モウリーニョ監督は構想外の22歳ストライカーに対し、退団を容認することを決めたという。マルシャルは、ユベントスとバルセロナ、バイエルンなどが獲得に関心を示している。

最終更新:4/26(木) 21:30
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報